適応障害とうつ病の違いが知りたい【ストレスと軽減させる】

似ているけど少し違う

医者

原因となるストレスが消えても症状が継続するのがうつ病で、原因から解放されれば症状も軽くなるのが適応障害です。症状の持続性の有無は両者の違いですが、うつ病より適応障害の方が治りやすいといった違いもあります。

Read More

ストレスは放置しない

相談

症状が似ている適応障害とうつ病ですが、大きな違いはストレスなどの要因を取り除くことで症状の改善が見られるかということです。適応障害は要因を取り除くことで改善することが出来ますが、うつ病ではそうはいきません。この違いをしっかり覚えましょう。

Read More

治療期間が短いのが特徴

女性

自然治癒することもある

適応障害は環境や人間関係などの影響で、継続的にストレスが掛かると、抑うつ感状態になったり、人と会ったり、話をするのが億劫になることがあります。不安や緊張などを感じやすく、仕事や学業に悪影響が出てしまうケースもあります。人によっては喧嘩をしたり、物を破壊したりするなどの行為が出る場合もあります。うつ病と似た症状が出るのが特徴ですが、適応障害との違いは症状の持続性があります。職場や学校がストレスの原因になっている場合は、出勤や通学をするとめまいや集中力の低下などが見られますが、休日になると外出ができたり、気分よく過ごすことができたりします。うつ病は2、3週間を過ぎても気分が優れない状態が続き、休日でも外出が出来なくなったり、気分の落ち込みが長く続いたりするのが特徴です。適応障害はストレスの原因が無くなると、特に治療をしなくても治癒することもあります。特定の状態ではうつ病のような症状が見られたり、暴飲暴食などが見られたりする場合は適応障害の可能性があります。辛い症状で悩んでいる人は、心療内科や精神神経科を早めに受診することが大事です。個室で丁寧なカウンセリングや診察が受けられるので、安心して通院ができます。うつ病と適応障害は症状が似ているので、すぐに診断が付かない場合もありますが、何回か通院をすることで病気が診断されることが多いです。うつ病は適応障害の違いは、うつ病は症状が重い傾向があり、家族や身近な人と話をしなくなったり、外出が好きだった人も部屋にこもりがちになったりします。学校や職場に通学をしていない時でも、症状が軽快しない場合はうつ病を疑うことが大事です。適応障害はストレスが無くなると、症状が良くなることが多く、うつ病とは違い治療期間も短い傾向があります。兄弟姉妹や両親、祖父母などの身内がストレスの原因になっている時は、うまく解消ができず、病気が長引く場合もあります。結婚や出産、昇進などのおめでたい出来事でも、一時的にストレスが掛かってしまい、心身の不調を感じる人も増加しています。精神神経科や心療内科では、最初は軽めの薬を処方してくれるので、しばらく続けてみると良いでしょう。適応障害は日本人にも増えている病気なので、家族に変化が見られる時は早めに受診させることが大事です。うつ病は治療が長引くケースもあるので、定期的に通院をして治療を続けることが大事です。現代は精神の病気に理解のある人が増加しており、以前に比べると通院がしやすい雰囲気になっています。うつ病と適応障害には違いがあるので、きちんと理解をしておくことが大事です。

病名の違いから治療を検討

レディ

不安や焦り、落ち込みなど症状が似ていることから、適応障害とうつ病の違いは理解しにくいと言われています。しかし、実際に起こる症状と持続期間、原因、そして治療法の相違を見てみると、明確な違いが理解できます。

Read More

似ているようで異なる

女の人

適応障害とうつ病の大きな違いは行動面に現れます。人に対して攻撃的になったり、暴言が出てくるようなことがあれば適応障害の可能性が考えられます。さらに原因から離れた後の抑うつ状態で見分けることが可能です。

Read More

Top