適応障害とうつ病の違いが知りたい【ストレスと軽減させる】

ストレスは放置しない

相談

症状による違い

よく適応障害やうつ病という言葉を耳にすることが出来ますが、なかなかその違いをいうことが出来る人は少ないのではないでしょうか。適応障害やうつ病にはそれぞれ特徴がありますが、実はとても似ている部分があります。ではどの様な特徴があるのか紹介していきましょう。まず適応障害ですが、この病気やストレスなどにより引き起こされる病気の一つであり、社会的な機能が欠け、機能が出来ていない状態のことを言います。症状としてはやる気が起き無くなってしまったり、不安やパニックなどの症状が出てしまったりします。ストレスは例えば仕事上のトラブルであったり、人間関係のトラブルであったり、日々様々な方面から受けています。その様なストレスがどんどん体や心に負担となり、日常生活さえ送れない状態になってしまった際に判断されることがあるでしょう。しかし、この適応障害には明確に判断基準が設けられているという訳ではありません。ただし、ストレスの原因となる要因取り除くことで症状を改善させることが出来る場合は適応障害である可能性が高くなります。ではうつ病はどうでしょうか。このうつ病もストレスなどが要因となり発症してしまう病気です。やる気が起きない状態や抑うつの様な症状が出てしまいますが、例え要因となるストレスなどが取り除かれたとしても症状の改善がみられないものを言います。適応障害とうつ病の大きな違いは要因を取り除くことで症状の改善がみられることが出来るかどうかということです。この違いにより適応障害であるのかうつ病であるのかを判断されるでしょう。どちらの病気も似たような症状が出てしまう為、症状が出始めた頃はなかなか判断が付かない場合もあります。また、最初に適応障害と診断されても、その後にうつ病と診断される場合もあり、二つの病気には違いがあっても適応障害が進行すればうつ病になってしまう場合もあるでしょう。近年この様にストレスが要因による病気が多くなっています。ストレス社会と言われる中で、毎日多くの人がストレスを抱え生活をしているでしょう。そのストレスをリセットする為に普段から上手にストレス解消をすることが出来れば良いのですがなかなかそうもいきません。そんなストレスがどんどん貯蓄されることで、心や体にどんどん負担となってしまう結果的に様々な病気を引き起こしてしまう可能性があるでしょう。また、病気を発症してしまった場合はきちんと精神科や心療内科などの専門の病院で治療することが大切です。専門の病院で治療することで症状を長引かせてしまうのを防ぐことが出来、また適応障害を発症してしまった際、うつ病に進行してしまうのを防ぐことも出来るので、ぜひきちんと適切な治療を受けましょう。

Top