適応障害とうつ病の違いが知りたい【ストレスと軽減させる】

似ているけど少し違う

医者

持続性や治療難度が相違点

ある程度のストレスなら気分転換や時間の経過によって回復しますが、過剰なストレスに見舞われますと、うつ症状が現れるケースも多々見られます。その際は症状がまだ軽い内に病院で手当てを受けるのが肝心ですが、うつ病とよく似たものには適応障害もありますので、覚えておくと良いでしょう。両者は共にストレスが原因で、精神や心にダメージを負ってしまう部分では共通しています。さらに、気分が落ち込んだりするといった症状も一緒ですが、ストレスから離れた時に違いが表れるのです。例えば、うつ病は原因となるストレスから解放されましても、気分が晴れることはなく、重い気持ちがずっと続きます。ところが適応障害ですと、ストレスなどの発症原因から解き放たれますと、気分の落ち込みも軽くなる場合が殆どです。もしも、上司からの叱咤や高圧的な態度がストレスとなっている場合、うつ病なら帰宅した後も気分がふさぎ込んだままになります。それに対して適応障害では、上司が目前に居る状況では不安やうつ症状が出るものの、上司が立ち去れば症状も次第に和らぐケースが珍しくありません。つまりストレスなどの原因から離れた際、症状が持続するか否かが、両者の決定的な違いになっています。ですが、うつ病と適応障害を正しく見分けるには専門医の知識や経験が必要になりますから、先ずは精神科や心療内科で診察を受けましょう。そして、両者の違いは症状の治りやすさにも見られ、適応障害の方が回復しやすくなっています。例えば、うつ病が伸びきった輪ゴムだとすれば、引っ張るのをやめても元に戻りません。しかし、弾力をまだ失っていなければ元の状態に戻りやすいため、適応障害の方が治りやすいのです。このほかにも、うつ病と適応障害には細かな違いはありますが、完全に別物ではない点にも留意しておきましょう。弾力が残っている輪ゴムでも、引っ張り続ければやがて伸びきってしまうように、症状が進行すれば、適応障害もうつ病へ発展するケースが少なくありません。適応障害はうつ病の前段階でもあるため、症状が軽い場合でも軽視せず、早めに病院で治してもらうのが賢明です。また、適応障害では不安感や抑うつ状態のほか、問題行動が生じる場合も見られ、その際は勤務に支障が出たり、過剰な飲酒や喧嘩に走ったりする場合も見られます。車を運転する方では無謀運転を始めるなど、大きなリスクへ発展する可能性もありますので、その点も予め把握しておき、放置しないようにしましょう。

Top